フレーバーストーンダイヤモンドの名前の由来

フレーバーストーンシリーズは人気実力ナンバー1と言ってもいいフライパンとなっていますし、シリーズ化もされていていろんなタイプのフライパンが販売されていますよね。

 

最新モデルとなっているのが取っ手が外せるようになったフレーバーストーンダイヤモンドエディションという名前のフライパンとなっているのですが、どうしてこのような名前になったのでしょうか。

 

フレーバーストーンには波型をしたヘルシーグリルというタイプがありますが、これはグリルの役割を果たしてくれるところや余分な脂が波型の凸凹した部分に落ちていくところからヘルシーという名前になったのが想像できます。

 

また、鍋タイプのフレーバーストーンはキャセロールパンとそのまま鍋だということがわかりますが、ダイヤモンドエディションだけではただの四角いフライパンであまり名前の由来がわからないですよね。

 

どうしてフレーバーストーンダイヤモンドエディションという名前になったのか調べてみたところ、公式サイトなどでは明記されていなかったのですが、おそらく2つの理由によってダイヤモンドという名前がついたのだと思われます。

 

一つはコーティングが違っていること。

 

これまでのフレーバーストーンシリーズとは違ってダイヤモンド粒子がコーティングに含まれているのですね。

 

ダイヤモンドエディションはオーブンレンジでもそのまま使えるようになっていますが、おそらくこの耐熱温度を高めることができるようにダイヤモンド粒子のコーティングがされていて、そのまま名前にも付けられたのだと推測できます。

 

おそらくこのダイヤモンド粒子のコーティングがされているから名前がついたのだと思いますが、もう一つ考えられる理由があります。

 

それはスクエア型をしているところ。

 

四角い形は見方を変えればダイヤモンドの形をしていますよね?おそらくこの四角い形もダイヤモンドエディションという名前に関係していると言えるでしょう。

 

ちなみにエディションは「版」という意味になりますよ。

 

こうして名前の由来を確かめてみるとフレーバーストーンシリーズはちゃんと意味があって名前が付けられているのがわかりますね。ダイヤモンド粒子のコーティングがされている焦げ付きにくいフライパンでばっちり料理を作っていきましょう!