フレーバーストーンの青色フライパンの効果とは?

フレーバーストーンには青色と赤色、(一部ゴールド)のカラーをしたフライパンとして性能の高さだけでなく見た目のおしゃれさからも高い評価がされていますよね。ほとんどのフライパンが黒、またはシルバーとなっている中で、鮮やかな色をしているのはキッチンにあるだけでもおしゃれなインテリアとして活躍してくれます。

 

ところで、青色のフライパンってかなり珍しいですよね。世の中にはたくさんのフライパンが存在していますが、その中でも内側が青色になっているフライパンは私の知る限りではフレーバーストーン以外にありません。

 

ちなみに、色は人の心理にいろんな影響を与えることがあるのはご存知でしょうか。

 

フレーバーストーンに使われている青色にも当然いろんな効果があるとされているのですが、例えば食欲を抑える効果というものが期待されています。自然界には青色の食べ物というのはほとんど存在していませんよね。そのために本能的に人は青色の食べ物をマズいと感じてしまうのだとか。

 

もちろんフライパンは食べ物ではないので青色のフレーバーストーンで調理したからと言って食事がマズくなるということはありませんが、青いサングラスをかけてご飯を食べると食欲が減衰してダイエット効果が期待できるなどと言われているように、青色を見ることで食欲を抑えることが期待できるのですね。

 

なのでダイエットしたい方には青色フレーバーストーンを選ぶとダイエットの成功確率が高まるかもしれませんよ。他にも青色は興奮を沈めたり、幸せを感じたりする効果が期待されていますから、落ち着いてご飯を食べたい方にはおすすめできるカラーと言えるでしょう。

赤色のフライパンの効果とは?

青色には食欲を抑えてダイエット効果が期待されていたり、気持ちを落ち着かせてくれる効果が期待されていますが、フレーバーストーンには青色だけでなく赤色のカラーも存在しています。

 

ということで、赤色が与える効果についても簡単に確認してみましょう。

 

赤色は青色とは暖色と寒色と言うように反対の色とされ、効果に関しても反対のことが言えます。

 

なので、食欲を高めたり、気分を高めたりすることが期待されているのですね。なので、食べ盛りの子供がいたり、スポーツをしていて食べる量が人より多いという場合は赤色のフレーバーストーンを選んだほうがいいかもしれません。

 

ちなみに、赤色は時間を早く感じさせてくれるので料理を作るのがあまり好きじゃないという方は調理時間を短くするような感覚になるので、嫌なことが早く終わるという効果も期待できますし、そのまま食卓に並べることができるフレーバーストーンダイヤモンドエディションを使えば、食卓に並べたら家族みんなが一斉におかずに手が伸びてモグモグ食べてくれることも期待できますね。

 

実際、赤色のフレーバーストーンダイヤモンドエディションは小料理屋などで使われていることもあるので飲食店でも使われているくらい人気がありますよ。

 

あくまでも潜在的な認識になるので、高い効果が期待できるわけではありませんが、自分の気持ちや想いを元にカラーを選ぶといい買い物ができるかもしれませんね。