フレーバーストーンで揚げ物を作るときのポイント!

フレーバーストーンでは揚げ物を作ることが可能なのですが、もしフレーバーストーンで揚げ物を作る場合、知っておいた方がいいポイントがいくつかありますので、参考にしてみてください。

 

まず知っておきたいのはフライパンで揚げ物を作るときは思わぬ事故が起きやすいということ。

 

フライパンで揚げ物を作る場合、どうしても高さが足りないので油の量を少なくしなければならないということがあります。もし、一定量よりも多い油を使ってしまうと油がはねてしまって火傷をする事故を引き起こしてしまう可能性も出てくるのですね。

 

鍋で作るときよりも油はねによる火傷をしやすいですから、注意するようにしましょう。

 

もし、どうしても底が浅いのが気になるのであれば、フレーバーストーンにはフライパンタイプだけでなく鍋タイプのキャセロールパンがありますから、そちらの鍋を使うと、フレーバーストーンの性能はそのままに鍋で調理することができるので火傷になってしまう危険性を下げることはできますよ。

 

鍋がればカレーなどを作るときにも便利ですし、準備してみるのもいいかもしれません。

 

ただ、鍋を準備するのは面倒だったり、収納スペースがないから余計な調理器具は増やしたくないという場合もあるでしょう。

 

どうしてもフライパンで揚げ物を作らなければならない場合、フレーバーストーンの中でも、ダイヤモンドエディションを使うことをおすすめします。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションはスクエア型のフライパンとなっていますが、注目してほしいのはその形ではなく、もう一つの便利な機能について。

 

その機能と言うのは取っ手が外せるというもの。

 

先ほどフライパンで揚げ物を作る場合、高さがないので油はねで火傷をしやすいということを書きましたが、もう一つ危険要因として、取っ手に洋服が引っかかるという心配もあるのですね。

 

取っ手に洋服が引っかかってフライパンをひっくり返してしまったら、火傷だけでなく火事になってしまう危険性も今度は出てきますから、大事故につながってしまう可能性もあります。

 

なので、揚げ物を作るときはフライパンの取っ手が伸びているものは使わないようにしましょう。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションなら取っ手が外せるので、ひっかかるという心配はありませんし、安全に調理することができます。

 

簡単にまとめるとフレーバーストーンで揚げ物を作るときのポイントとしては鍋タイプのキャセロールパンを使う、もしくはフレーバーストーンダイヤモンドエディションで取っ手のないフライパンを使うということを意識してみてくださいね。